Home / イベント / ※終了しました【イベント】毎度盛況!おさかなワークショップ

※終了しました【イベント】毎度盛況!おさかなワークショップ

おさかなWS1

「住んでいる街でもっと遊ぼう!」をコンセプトとした『三軒茶屋 まち道楽』(http://machidoraku.jimdo.com/)。

この「まち道楽」のスピンオフ・イベントとして始まったのが「おさかなワークショップ」。今年で4年目になる人気イベントです。

 

皆さんは普段、お魚を食べていますか?

自宅で魚料理を作っていますか?

「魚離れ」という言葉が定着した昨今、魚は中食(惣菜)や外食で食べるものになりつつあります。

その理由としては、「魚の捌き方が分からない」、「調理の仕方が分からない」、「レシピのバリエーションが少ない」、「生ごみが出る」、「魚を触ったこともない」等のような声が聞かれます。

 

 

また最近では、小さな子どもに限らず、小さな子どもを持つ親でさえも「魚=切り身」と思っている人が少なくありません。テレビや水族館で見る魚と、食卓に並ぶ刺身や切り身が同一のものであるという認識がないようです。

 

 

それもそのはず。最近ではスーパー等でも魚は切り身として売られ、刺身商材も多く並んでいます。丸の魚(原魚)で並んでいる姿をあまり見かけなくなりました。

では、本当に日本人は魚を食べなくなったのか?嫌いになってしまったのか?

決してそんなことはありません。

単に「機会が少ない」だけだと。

そこで、「誰でも、簡単に、きれいに、おしゃれに、楽しく魚を捌ける、魚料理が出来るワークショップをしよう!」と始めたのが「おさかなワークショップ」です。

 

今年で4年目となる「おさかなワークショップ」には、

これまで述べ50人以上の人が参加しており、最初は魚をまともに触れないという人もいました。

しかし、いざワークショップが始まり、回数を重ねる度に「いろんな魚を捌きたい!」という欲求が高まり、はまってしまうのが魅力です。

 

一般的な料理教室と異なるのが、「自宅での再現性の高さ」です。

 

ワークショップでは決して機械的な作業ではなく、参加者とのコミュニケーションを大事にしています。参加者が一人もつまづくことなく、丁寧に指導をしています。そのため、包丁を持ちなれていないという人でも、初回できれいな三枚卸が出来るようになります。

 

さらに、調理に関しては、どの家庭にもあるような調理器具、調味料を使い、スーパーでも手に入る食材を使用します。そのため、ワークショップを終えた帰り道にスーパーに寄って、そのまま自宅で復習する人もいます。

 

おさかなワークショップは参加者の皆さんが日頃から美味しい魚、魚料理を食べてほしいという想いから始まっているので、決して単発的なイベントで終わることはありません。

 

さらに、三軒茶屋で創作料理を提供している「廩」の寺本シェフが直々に指導に当たります。寺本シェフは気さくで明るい性格であると共に、オーストラリアの三ツ星日本食レストランでもシェフをしていた凄腕の持ち主です。

 

そんな寺本シェフが考案したオシャレ魚料理を学べるのも、このワークショップの特徴の一つです。

また、ご協力頂いている「廩」では、生産者と消費者を繋ぐ食イベントを定期的に開催しており、先日6月には、「九州応援カレーフェス」と銘打ち、九州地震への寄付を募るイベントを開催し、60名以上の参加者がありました。「食」や「生産者」、「消費者」等を大事に想っているお店だからこそ、常連客さんも多く、こうしたイベント、ワークショップも盛り上がっています。

 

2016年の「廩」でのおさかなワークショップは全4回を予定しています。

全ての回に参加されると、最後の回にはすっかり魚捌きも、魚料理も上手になっていること請け合いです。魚料理で彼氏・彼女のハートをわしづかみ! 健康的で美味しい食卓になること間違いなし!です。

また、全4回の参加のみならず、単発の参加も受け付けています。「初回が参加出来ない」、「第3回目は既に予定がある」。そんな方でも参加可能です。ぜひお申し込みください。

 

さらに、夫婦や友人、恋人同士での参加もOKです。

これまで、一人での参加者はもちろん、ご夫婦で参加された人もいます。

ご自宅でアジのお造りが出来たらワクワクしませんか?

ホームパーティーで皆があっと驚く魚料理を出せたらカッコよくないですか?

おさかなワークショップでは、参加者の皆さんのご要望にもお応えしつつプログラムを決めています。

ぜひ美味しい魚を楽しく食べましょう!

 

【2016おさかなワークショップ】

日程

  • 第1回:7月10日(日)
  • 第2回:9月11日(日)
  • 第3回:10月16日(日)
  • 第4回:11月6日(日)※最終回のみのご参加は出来ません。ご了承ください。

※いずれの回も3日前以降のキャンセルは、食材代として3千円かかりますので、予めご了承ください。

 

時間

16時~19時30分

 

参加費

5,000円/回(「廩」特製の軽食付き)

※全回一括払い:18,000円

 

申込方法

下記のアドレスに「お名前」、「参加人数」を記載の上、お申込みください。

and.circus@gmail.com(担当:野口)

 

参照

http://andcircus.wix.com/homepage

 

この記事を書いた人

三軒茶屋の活性化を目指すサイト、三茶fanをオープン! 三茶ガールズと共に、三軒茶屋を盛り上げていきます。 イベント企画、コンサルティング、HP制作業務などに携わる。